京都の精華町にある磯部社会保険労務士事務所です。京都・奈良の関西エリアを中心に助成金の申請、労働問題の防止、就業規則の作成の提案を行っています。

就業規則

就業規則

就業規則の作成

「危険な就業規則」を使っていませんか?

■ 法改正があったことを把握していない、または知らない
■ そもそも就業規則がない

就業規則は「会社のルールブック」です。会社の規模や目指す方向性はすべての会社で異なるものです。
会社の様々なルールを集約して、従業員の方にしっかりとそのルールを理解してもらい働く環境を整えることが就業規則の大切な役割になります

近年は従業員の権利意識も高まってきており「うちはまだ10人もいないから就業規則は必要ない」や「知り合いの社長からもらった就業規則を使っている」と言うような考え方は危険な時代になってきました。近年では従業員と会社のトラブルは非常に増加しており会社側も労使トラブルに対して備えをする必要があります。

就業規則は会社の「会社の規模」「理念」「資産状況」に合ったものを作成し、従業員にそれを明示し初めて意味のあるものになります。
会社の将来の展望や社長の考えをしっかりと文章に落とし込み、会社と従業員が良い関係で成長していけるものを作成してください。

当事務所の就業規則

法律により常時10人以上の事業場には就業規則を作成することは義務付けられています。
しかし、その理由のみで就業規則を作成することは非常にもったいないです。

当事務所の作成する就業規則には次の役割を持たせています。

■ 会社の将来像を盛り込んだ就業規則にすること
■ トラブルを未然に回避でき、就業規則を使って解決に導けるものであること
■ 従業員のやる気を生み、しっかりと教育できるものであること

就業規則

社長の思いを伝えることが出来る

就業規則は会社のルールブックです。
会社の理念や社長の思いを従業員へ伝え、会社の決まり事を書面で従業員へ知らせることが出来ます。

労働問題の未然防止・早期解決ができる

労働問題を歓迎する会社は無いと思います、ひとたび問題が発生すると時間・生産性・モチベーションと様々なマイナスの要因が表面に出てきます。
就業規則を作成することにより、まずは問題が起こらないように、そして仮に起こっても早期に解決できる会社の制度作りが行えます。

働きやすい環境・有能な人材を確保できます

就業規則がある会社、ない会社のどちらが社員のモチベーションが高く有能な従業員が多いでしょうか?
従業員の働く環境が分かる就業規則があることにより従業員の働く事の安心と、会社のイメージ向上が見込めます。

サービス内容と費用

就業規則サービス内容

業務フロー

 

 

無料相談

  • メールでお問い合わせはこちら
お問い合わせ
失敗しない社労士選び
ご依頼の流れ
よくある質問
対応地域

カテゴリー別アーカイブ

月別アーカイブ

Copyright © 磯部社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.